新しい取組について

色やデザインへのこだわり

院内で使用しているロゴやインテリアのデザインは、前院長が1980年の開業時に希望を出してオリジナルで設計してもらったものです。院長の迷彩服も、お客様の歯の健康を守る、供に戦うという決意を表しています。ロゴも、成人の28本の歯と最大4本の親知らずがあり、それを守ることを象徴しています。
杁中歯科クリニック、歯周病対策にも力を入れています。歯周病は糖尿病や心臓疾患、他の全身疾患との関係が医学的に証明され、その対策の仕方が、脚光を浴びています。歯周病とは、予防医療の一つですが、当時に比べれば歯科医療においても、虫歯は劇的に減って、予防医療中心に変わっています。

患者様に「歯は健康の入口です」を伝え、サポートしていきたい

こうした院の施設は、コンセプトである「歯は健康の入口です」という言葉に集約されます。口は全身と繋がっており、人は自分の歯が安心して使えてこそ、健康な生活が送れます。私は、虫歯予防のサポートはもちろん、習得した最新技術を活かして歯周病になりにくい歯を保っていくお手伝いもしていきたいと思います。そして、残念なことでもありますが、現代人の歯を健康に保つには時として、保険内治療だけでは足りないことも有ります。患者さまの歯のために、その人なりの治療やメンテナンスを提案し、一緒に行わせていただきたいと思っています。

時代に合わせ新しい治療設備や技術も取り入れています

歯の治療は、今、技術革新が非常に盛んです。私も、当院にふさわしい最新設備・技術であれば積極的に取り入れてきました。具体的には、歯科用CTやマイクロスコープ、セレックシステムなどを次々と導入してきています。こうした最新全て患者様のためで、例えばCTではレントゲンでは見つかりにくい歯の状態を把握することが出来、幅広く様々な歯科治療に応用することができます。歯科用の顕微鏡であるマイクロスコープは、正確な根管治療には欠かせません。セレックでは、従来の通院負担を大幅に改善し、審美的にも美しいセラミックの歯を従来治療法より短時間かつ低コストで提供が出来る技術です。

患者さまへ誠実に接することが何よりのモットー

歯科医療者には、奉仕の精神も必要と思います。患者さまに喜んでもらってなんぼという面がありますし、医療者の端くれとして患者さまに納得していただきたい思いがあります。そのためにも、患者さまが何を望み、どうしてほしいかを把握する必要があります。患者さんの気持ちになれば、医療者は自分を大切にしてくれる人じゃないと嫌ですよね。こういう姿勢を気に入ってくれた患者さまが通って来てくれたのですから。とにかく患者さまに対しては、誠実であることに尽きます。

セレックの測定

平出満雄前院長のインタビュー記事(Doctor'sFileより)

PAGE TOP